面白いブログとは

   

テレビよりネットを見てる時間の方が長い私ですが、ネットでは情報収集の他、人のブログや日記を読んでることが多いです。見ているブログの大半は知り合いのものなのですが、知らない人のブログもRSSリーダーに入ってたりします。しかし知らない人のブログを読み続けるといのはよっぽどその人のブログに魅力があるか、その人自体に興味がある場合に限られます。(たぶん、誰もがそうだと思います。)

で、その人に興味がある(有名人だとか、好きな人だとか)ケースは除いて、純粋に内容が面白いブログの条件ってなんだろうと書き出してみました。


・文章がうまい
・ネタがいい
・考え方が面白い
・役立つ情報が載っている

ネタがいい、に関連して
・身を削ってる
というのもあるかもしれない。

例えば、私はある薬に興味があるのですが、それを服用してレポートしてる人のブログをまめに見ています。正直、その人の文章に魅力はないのですが、身を削った(?)生のレポートに関心があるのです。

一方、面白くなくてリピートをしないブログは以下のようなもの。

・さして面白くない日常
・さして面白くない考え方
・本人と関係者しかわからない内輪ネタ
・さらに自慢話などが加わるとむかつく
・嫌な人

書き出した条件を見るだけで「そりゃそーだ」と共感してもらえるのではないでしょうか。赤の他人の日記なんて基本的に面白くないのです。

あと、個人的に中途半端な映画の感想にはイラっとします。映画の感想は検索をかけて探すことが多いのですが、見つけて内容が無いものに出会うと「せっかく来たのに中身ない!」と残念な気持ちに。・・・勝手ですけど~。

こんな書き方をするとそういうブログや日記を批判しているようですが、目的はそれぞれにあるはずで、自分と友達のためなら全然第三者に面白くなくていいと思います。ただ、不特定多数を相手に読んでもらいたいと思うなら、上記のような条件があるのかなぁ、とぼんやり思ったのでした。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - その他