<旅メモ>みなかみ温泉旅行:3(5月6日)

   


朝起きて、またまたお風呂。姉を起こして露天風呂へ。んんん。朝風呂も素敵ですね・・・。ゆっくりしてたかったけど、姉が出たいと言って、時間も無かったので1時間弱で戻ってまいりました。

旅館で定番の朝食バイキングで朝ごはんを済ませた後、ちゃっちゃと出発の準備を整えてチェックアウト。車に乗る前に入り口でみんなで記念撮影。一晩でしたがよいお湯をありがとう。Tさんが駐車場から車を出してきたら車が桜まみれになってました。白い車にピンクの水玉。Tさんは渋い顔をしてましたが、かわいいかも。ちなみに帰りがけに降った雨できれいに洗い流されてしまいました。


お土産を買いましょう、ということで道の駅へ。旅館から近くてすぐに着きました。ここで一気にお土産を買い揃えました。職場にはお菓子、利き酒師のエリーさんには日本酒、モンハン狩友には笑えるものを・・・。新鮮野菜も安くて、姉と母は「安い、安い」とかなり買い込んでました。

そしてこの旅最後の目的地、農家レストラン「みのりの里」へ。最近はやりの農家レストランを母がテレビで見て、行ってみたいというのでネットで探したお店でした。移動時間が長く、山道をぐるぐる移動してたので、ちょっと奥まったところだったような印象でした。

素朴にデコレーションされた入り口を抜けると、ぷちっと素朴な建物が。店内もこれまた素朴でゆったりした空気が流れています。すでにお客さんがいっぱいでしたが、姉が予約してくれてたので席は確保済み。他のお客さんのお皿を盗み見ながら、あれこれ注文。ピザ、鶏、豚・・・あと何だっけ?

印象的だったのはピザ。無骨な見た目が食欲をそそります。のってたアスパラがぷりぷりしてておいしかった!そしてデザート。豆腐チーズケーキと、花豆のプリンを頼みました。どっちおいしい!特に花豆のプリンはカラメルが絶妙でした。花豆をベースにしたプリンは多少のざらつき感とどっしり感があって、味も素朴。それにさらりとかかった、苦味のきいたカラメルとのコンビネーションは、とっても大人の味。おいしかった~。母がお土産に買った米粉のパンも重量感があっておいしかったです。


場所が場所なのに、お客さんはひっきりなしに来てました。人気店なんですね。母も含めてみんな大満足のランチで、旅をしめくくることができました。良かった!

ランチを食べたら帰宅です。心配されてた雨は、このお店を出る頃になって本降りになってきました。私たちが帰るのを待って降りだしたかのよう。二日間雨の予報だったのに、帰る間際までもったというのは有難いことです。

連休の最終日、お昼過ぎに北関東からのぼりで帰宅するということで渋滞が心配だったのですが、渋滞自体にはまったく遭遇しませんでした。雨が降ってたので速度制限はありましたが、それでもすんなり帰ってきたという印象です。帰りの車中では周囲に走ってる車の話で盛り上がりました。あれがハマーだとか、ポルシェだとか、同じ車だとか・・・。車知らないからそれなりにネタになるのでした。Tさん、長い運転をありがとう!

そんなこんなで、とても充実した二日間のみなかみ温泉旅行でした。楽しく過ごし、母がリフレッシュできたようでなによりです。

みなかみ温泉旅行の旅メモ、これにておしまいです!

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ