TEPIAにちょびっと寄り道

   


神宮で野球を見た後、TEPIAにちょびっと寄り道しました。最近展示品がたくさん入れ替わったとのこと。どんなん変わったんだろう~と思ってわくわくしましたが、なんとなくベースは同じ?・・・としか感じませんでした。恐らくロボットにしか興味がないせいでしょう。入り口にロボットアーム、入ってすぐにwakamaru、その奥にパペロ・・・というのは前と同じ配置だったので。


wakamaruは特に変わった様子はありませんでした。私たちの顔を見た途端バッテリー不足をおこし、いそいそとスタンドに戻る姿がかわいかったです。充電中も会話は可能。握手しました。

パペロは変わってました。とりあえずボディの色が違うのと(←重要じゃない)、声がなんだか違う!あと、会話の内容も以前と少し違いました。「かえるの歌」で一緒に遊ぶプログラムは前はなかったような。しかし相変わらずかわいくて、見た目やモーションもさることながら、会話のスクリプトがすばらしい。キャラクタライズって大切。品行方正なアシモも好きだけど、ちょいボケのパペロには別の意味で愛着がわきます。

メインの部屋では新しいロボットがいました。案内ロボと介護ロボ。案内ロボは手に持ってる液晶画面がメインで、なんとなくロボ萌えせず。介護ロボは動かないよ~。つまらない。そういえばマイスプーンがなくなってました。その他はざっと・・・。私の興味はロボがメインですから・・・。なんとなく、入れ替わってるのはわかりました。


ところで、奥には子供がホビーロボットで遊べるコーナーがあるのですが、そこにヤマハのTENORI-ONがありました。これ、メディア芸術祭では人気で行列だったんですけど、ここでは誰も触ってません(笑)。ちょっといじってみたけど、よくわからん。そして、びっくりがWACOMのCintiq12WX!液晶のタブレットです。使ってみたら、楽しかった・・・。ううううう。ほしい。しかし帰宅して調べたら14万円~ひー。・・・ムリ。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - ロボット関連