東京都写真美術館に行ってきました

   

久しぶりに恵比寿の写真美術館に行ってきました。あまり時間がなくてじっくり見られなかったのですが、今回はそれほどぴんとくる作品には会えなかったかな。アートって、結局好みとか相性だとつくづく思います。

ただ、「ランドスケープ 柴田敏雄展」では2枚ほどはっとする写真がありました。コンクリートで固められた山の斜面を横切る歩道。水面をゆるく二つに分ける浮き。すべての作品がそうなのですが、幾何学的なバランスの中に、どこか自然で不自然なラインが入るこの二つの作品に惹かれました。

あと、地下で展示中の「イマジネーション/視覚と知覚を超える旅」では、混沌と秩序をテーマにした若手の作家の作品の難解なメッセージに、しばし悩まされました。考えて、考えて、受信できなかったので(笑)わからずじまい・・・。こういうのが自分なりに解釈できたときはすごく感動するんですけどね。

いつもバランスよく作品展示をしている写真美術館。また是非来たいです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ