悩み事

   

来春、姉が再婚することになりました。めでたいことなのですが、ショックだったのは10年近くも一緒に生活した甥っ子が遠くに行ってしまうこと。遠くといっても都内ですが、すぐに会えなくなるので非常に寂しいです。そして、ますます自分にとっての「結婚」についてあれこれ考えるようになりました。


人並みに人を好きになることはフツーにありましたが、いっつもうまくいかなくて、傍から見てると「結婚には興味ない」と思われてました。人見知りするし、変にプライドが高い。そして「実らないような恋をする」と、付き合いの長い友人二人に別々に言われたこともありました。

確かに、過去を振り返ると何もかもちぐはぐな感じがいたします。海外の人を好きになったのも、既婚者を好きになったのも、どちらも「結婚」という目標には遠く離れています。そして今も、自分自身でどうしたいのか混乱していてちぐはぐなのです。「それじゃ結婚できないよ」と言われても返す言葉がありません。

恋愛とか結婚とかって、もっと単純なものかと思ってました。「恋愛の先にある結婚」を何年か前にしているもんだと思ってました。・・・自分の恋愛能力の低さを自覚することと、恋愛と結婚の違いを理解するのが遅かったのが、今になって変に悩みを深くしている要因かと思います。

結婚がゴールだとはまったく思ってないし、「あんたは他人とは生活できない」と姉から言われてるので結婚できても続くのかい、という思いはあります。でも、少なからぬ独身女性が「一度は結婚はしてみたい」と言うのと同じ気持ちで、結婚したいと思っているのです。

実家で、父と母、姉と旦那さん予定のTさん、甥っ子と私の6人で誕生日ケーキを囲みました。ロウソクの火を消した時、母が「来年はいませんよーに!」と本音をもらしたので、一同爆笑になりました。本当に、ねぇ、自分でどうにかしないといけないと、妙に気持ちが焦ります。

ちなみに「お見合い」の話ですが、「お見合い」ではなく、姉の知り合いの方の友達を紹介していただくという話でした。ロボットうんぬんというのも母の勘違いで、ただ、高専出身の方だそうで。おお。年明けに飲みに行くかもしれません。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他