「自分、不器用ですから」な鳥鍋会

   


日付が変ってしまいましたが、昨日は鳥鍋会でした。エリーさんに調整いただき、K姉さま、H姉さま、エリーさんと私の4人で楽しく鍋を囲みました。色んな話題で盛り上がったのですが、妙齢の独身女性4人が鍋なんぞを囲めば自然と恋愛と結婚の話題が中心に。ふざけた話も真面目な話も全体の半分くらいはこのネタで盛り上がりました。

K姉さまもH姉さまもエリーさんも、皆さん美人で人柄もよく、なぜなぜ独身なのでしょう、という本当に素敵な女性陣。それぞれの環境や歴史があっての今なわけですが、一番達観しているK姉さまのコメントが今の私に一番説得力がありました。


それは「恋愛の先の結婚を考えるなら、年齢を考えない」ということ。逆の言い方をするなら、「年齢を気にして結婚を考えるなら、恋愛を前提にしない」といったところでしょうか。

世の中に恋愛をして結婚している人はたくさんいると思いますが、そうはいかない人もたくさんいます。そんな人たちが「恋愛の先の結婚」にこだわれば、自然と時間も必要になるでしょう。だから結婚が目的なのなら、恋愛の部分で妥協も必要だということです。

先日お見合いをした話を書きましたが、私はその人と付き合う(恋愛をする)イメージがまったく沸きませんでした。なのでお断りしたら、そのことについても、K姉さまからは「今を見るのではなく5年後を見て決めなさい」とのお言葉が。それは今、その人を恋愛対象として見られなくても、もし「結婚したい」という思いがあるなら、「今のその人」を見るのではなく、「5年後その人といる状態」をイメージして判断しなさいということなのです。

なんだかとっても頭が下がったと同時に、自分がどうしたいのか悩ましくなりました。「結婚して子供が欲しい」というイメージと、「恋愛もしたい」というイメージ。それが両立するのがフツーかと思っていたら、どうやら自分にはその能力のないわけです。そうなれば、「結婚」or「恋愛」という選択肢になるのです。(どっちも取れない可能性もあるけど・・・。)困った(笑)。

以前、友達と「自分が好きな人ではなく、自分を好きな人と付き合えるか」という話をしたことがありますが、かつての私はそれは完全にNOでした。自分が好きな人以外と付き合うという発想がまったくできなかったのです。でもって好きな人には片っ端から振られた人生でした。しかし、今となってはそれは間違ってたなぁと。もちろん、自分が好きな人と付き合えたら最高ですが、(興味がなくても)自分を好きな人とも一緒にいれば好きになったかもしれない。その意味で可能性を狭めてたのかなぁと。多少告白などもされた10年くらい前に戻ったら早速実践するでしょう。

その他にも、やはり女性は自分を演出することは大切だという話も出ました。相手に夢を見させるもの技術だと。・・・とりあえず、夏に衝動的に切った髪はまた伸ばそうと思います(笑)。伸びたらエリーさんみたいに毛先はくるくると縦巻きにしまーす。

楽しくて十分語った夜でした。また3ヶ月以内くらいに集まりましょう、とのことで、楽しみです。各自それまでに何かしら恋愛と結婚にまつわるネタを用意することが宿題になりました。

ちなみにタイトルはH姉さまがつぶやき続けたセリフです。「ブログのタイトルにしなさい」との指示をいただいたいので、実行いたしました(笑)。写真にうつってる手は左がH姉さま、右がエリーさんです。切り取らずに掲載しましたよ~。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他