一人暮らし事件簿(その後の補足)

   

先月末、警察から連絡があって前の入居者が泥棒に入られたことを知った・・・というエピソードを書きましたが、その後についてちょっと補足。

あの事件の後、入居から2週間以内にマンションの管理会社に提出するチェックリストを送付する際、オートロックの鍵交換についての質問を書き加えました。泥棒に入られた際、前の入居者は鍵を一度盗まれているのです。警察曰くその鍵はどうなったかわからないとのことだったので、管理会社に交換をしたのか確かめたかったのです。もし交換されないままその鍵が悪用されれば、もはやオートロックは意味のないもの。ネットでいろんな人の意見を見ましたが、オートロックを物件選びの条件の一つにしているなら、その価値がなくなったことになるから交換してもらうべきと意見に同意したのです。


後日、その書類を読んだ管理会社の人と話をしました。すると、その担当者はその空き巣事件についてまったく聞いていないとのこと。念のためマンションの居室ではなく、共有部分を管理している会社にも問い合わせたそうですが、何も連絡が行っていないとのことでした。

エエー・・・。

さらに管理会社は、当の前の入居者に確認もしたそうですが、知らない、との回答。何かの間違いで、他のマンションではないかとの事。

前の入居者の警察から聞いた名前、私が郵便物で知った名前、管理会社で把握している名前、全部一致しています。さらに警察からはその本人が被害届まで出してると聞いています。警察が嘘をつくメリットはないし、私からすると、前の入居者がすっとぼけているようにしか思えません。しかし、私はそこを追及する立場ではありません。管理会社は直接警察に確認するとのことでした。(その後どうなったのかは知りません。)

で、肝心のオートロックの鍵ですが、交換しないそうです。オートロックなんて誰かが開けた後に付いていけば入れてしまうものなので、そもそも鍵として機能していないものという認識だそうです。だから万が一入居者が紛失し、さらにそれが悪い人の手に渡っても、管理会社は交換しないそうです。交換するのは高いんだろうけど、オートロックも魅力的だった自分にとって、かなりその回答には不満でしたが、どうしようもありません。(※管理会社や大家さんによって考えが異なると思いますが、このオートロックの認識については、部屋探しの際重要なポイントになると思います。)

そういえば、管理会社とのやりとりで、前の入居者が夫婦(二人)だったのに、一人として契約していたのではという疑惑も出てきました。まぁ、それも私にとってはかなりどうでもいいことだけど、事実だったら契約違反でしょ。

なんだか、この件では自分とは関係ないことで少しイラつきました。初めてのマンション生活。共有部分に置いちゃいけないはずのバイクが4台も止めてあったり、集合ポストにチラシが散らばってたり。小さな迷惑行為からルール違反や契約違反。他人と同じビルに住むマンション生活ってこういうことか、と日々学習中です。もし、将来生活が変わることがあったら、郊外で小さい一軒家のほうが私には合ってるかも。(あんだけ都心にこだわってたのに、この変わりよう。でも車生活は絶対嫌だな~。)

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 一人暮らしネタ→二人暮らしネタ