一人暮らしの妄想(15):内見と申込み

   

日付が変わりましたが、10/4(土)に物件の内見をしてきました。9月半ばに情報をいただいたものの、入居者がいたため内見が10月予定と言われていた物件です。半月ほど待ちました。

先日作った内見小道具を持参。小道具とは、家具のサイズで作った新聞紙。一番場所をとるベッドと、テレビを置くボックスの2つを持っていきました。これ、ネットで見つけた方法なのですが、採寸するより直感的に家具の配置の可否がわかり、かなりいいです。特に今回は変な間取りだったのでベッドスペースが心配だったのですが、なんとかおさまることがすぐにわかりました。


内見結果は想像どおり。といいますか、これまでいくつか内見してきたので、築浅の一人向け賃貸の作りや見た目は大体同じということを知り、その想像を裏切られなかったという印象です。・・・内見前に家主が突如礼金0.5ヶ月上乗せを要求してくるという事件はありましたが、10月に入って需要側の風向きが悪くなってきたので、ここらで手をうとうと決断。ここに申込みをしました。(ちなみに礼金値上げは不動産屋さんの交渉で無しにしてもらいました。紹介時と違うってのはね・・・。)

申込みは書類が足りませんでしたが、とりあえず私個人の基本情報のみで押さえは完了。これで審査に必要な書類を追加し、審査が通れば契約です。恐らく、来週中には完了するのではないでしょうか。でもって連休は掃除&引越準備、翌週末くらいが入居なのではないかとふんでます。

こんな状況なので長岡の高専ロボコン地区予選は観に行けません。ROBO JAPAN も無理。しかし、趣味より生活を優先させないと本末転倒(笑)。がんばらねば。

ちなみに今回申込みした物件のマイナス&プラスポイントは下記のとおりです。自分にとって何が大切だったかを振り返ると、やっぱり立地が一番ですかね。家賃はこの立地では安いほうだと不動産屋さんにたしなめられました。東京を出れば1DKくらいになる家賃とか考えるのは止めよう。

<マイナスポイント>
・家賃高い
・メインの窓が北向きでやや暗い
・シンク小さい
・クローゼット小さい
・とにかく狭い

<プラスポイント>
・立地がいい
・築浅
・角部屋
・駐輪場有り
・変な間取りだがなんとか使えそう

でも、でも、やっぱり家賃は予算オーバー(--;)。色々切り詰めるものが出てきそうです。でも、まぁ、それも勉強なんです。それが目的なんです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 一人暮らしネタ→二人暮らしネタ