一人暮らしの妄想(14):クローゼット奥行きの衝撃

昨日の内見ネタの補足。
非常識だと笑われるのが怖いのですが・・・内見の際、クローゼットの奥行きに衝撃を受けました。今の自分の部屋のクローゼットに比べて、明らかに奥行きが無い。メジャーで測ってぼそぼそ言ってたら、不動産屋さんから「これがフツーです!」とのコメント。奥行きは洋服の幅ギリギリで、布団はまず入りません。つまりベッド生活前提なのです。ベッド前提どころか、布団がしまえないというのは「人が泊まりに来ることは無い」というのも前提らしい(笑)。

いやー、ベッド生活のつもりなのでベッド前提でいいのですが、収納に困りそうです。というのも、今自室のクローゼットは布団が余裕で入る奥行きがあり、大きい収納BOXをバンバン入れてそこに服をしまっているのです。もしクローゼットの奥行きが減るならさらに猛烈に服の処分をしないと・・・。

思い出してみるとカナダのシェアハウスのクローゼットも同じくらいの奥行きでした。スーツケース1つ、ダンボール1箱程度の荷物だったのでガラガラでしたけど、同じ服ばっか着てた。・・・そんな生活になるのでしょうか(笑)。

ところで今更ですが、一人暮らしするならアイボが欲しくなりました。中古で売ってるけど、壊れたら直せないのが難点。・・・プリモプエルで我慢ですかね。