「お手伝いロボットプロジェクト予選」に行ってきました

ROBO-ONEの「お手伝いロボットプロジェクト」(通称:おてぷ?)に行ってきました。会場は川崎市産業振興会館。「お手伝いロボットプロジェクト」はその名のとおり、人間の生活を手伝ってくれるロボット技術の競技で、今日は予選として「卵つかみ競争」、「Tシャツたたみ競争」、「30分耐久レース」の3つが行われました。

「卵つかみ」と「Tシャツたたみ」は、それぞれ二足歩行ロボットが卵をつかんで卵立てに入れる、Tシャツを取り出して畳んでしまう、という競技です。操縦者がロボットを見て操作してはいけないのが特徴。ロボットに搭載されたカメラやセンサを通して、PCからコントロールするのです。これが非常に大変そうでした。しかしそれぞれの工夫で遠隔操作が成功するとわくわくします。ちなみに「卵つかみ」の卵は当初生卵を予定していたそうですが、参加者などの希望から固ゆで卵になったそうです。が、午前の競技では何の手違いか、それが半熟卵だったことが判明(笑)。落ちた卵がぐっしゃり・・・。

一方「30分耐久レース」は、ロボットが30分間ひたすらコースを走り続ける過酷な競技。別フロア会場で行われ、カメラを通して時々その模様が中継されてました。具体的な競技の様子はわかりませんでしたが、2会場同時並行はなかなか面白かったです。


さてさて、何体か拝見したロボットについて感想。残念ながら途中で帰ってしまったので、半分くらいしか見ておりませんし、全部は感想書いてません。ごめんなさい。

続きを読む