デザインの罪

今日、雑誌や絵本が置いてある小洒落たカフェでランチしていてふと目に留まったのがCasaの柳宗理特集(2003年)。一人暮らしの妄想をもくもくと頭の上の描きながら、ケトルや鍋やボウルやカラトリーを眺めてました。その昔、インダストリアルデザイナーの柳宗理の名前を初めて聞いたのは姉からでした。一緒に行った雑貨屋に柳宗理のキッチン用品があったのです。シンプルで、機能的、そして錆びないデザイン。古いのではなく、変わらない美しさに機能性をもたせている。どんなにモダンで尖がったデザインよりもかっこいいスタイルです。

雑誌の冒頭はインタビュー記事だったのですが、その中で強く心に残ったのが「デザインの罪」についてのコメント。

「ゴミを作り出しているのはデザインの一番大きな罪といえるかもしれない」。

その通りかも・・・。時代遅れだなんだと、新しいものを追い求めて人は物を捨てる。普遍性のないデザインはやがて錆びて、みんな手を離したがる。しかし、本質的な美しさがあり、機能的なものであれば、誰もがずっと愛して使い続ける。それが優れたデザインなんだと思いました。柳宗理の車は50年前のジープ(インタビュー記事当時。)だそうです。これもまた、普遍的な美しさをもっているからこそ愛され、そしてゴミにならなかった実例。

ジャンルが違うかもしれませんが、最近の家電(特にテレビ、デジカメ、音楽プレーヤー、携帯など)は、数年で古臭い感じがしてしまう。技術の進歩と一体だから仕方ないのかな、と思いましたが、やっぱり基本的な部分で「使い捨てを前提」にしてるんだろうと思わざるを得ません。まぁ、そうしないと商売にならんという話は当然なのですが・・・。

ネットでいろいろ調べてたら、春に柳宗理の展覧会があったんですね。惜しい。行きたかったです。

お米ピザを作りました

お米ピザを作りました


お米ピザを作りました。生地がご飯(ケチャップご飯)のピザです。手軽でおいしくて好きなんですわ。具は冷蔵庫にある適当なものでいいし。オススメはシイタケです。具は蒸し焼きなので、甘くなります。

お米ピザでちょっとテクニックが必要なのは、生地作り。ご飯なので焼き方が下手だとバラバラになってしまいます。今日は久しぶりにやったらコツを忘れててフライパンの上で慌てました。コツは、焼く前にご飯をよくつぶすこと、油を少し多めにひいて表面を揚げるような感じにすること、そして最初に団子状に丸め、フライパンの上で丁寧につぶすことです。3つめを忘れてた。で、生地が焼けたら具とチーズをのせて蓋をして焼くだけ。塩コショウは最後がいいです。

うまかった。ちなみに甥っ子のために作ったのに、ヤツはおじいちゃんと焼肉を食べに行ってしまった。くわっ。

<旅メモ>石川旅行:まとめ

<旅メモ>石川旅行:まとめ

7月下旬に行ってきた石川県の旅行の記録のリンクをまとめました。大半が私的な内容なので、旅の参考になるような情報は3日目の金沢ちょびっとという感じです。それでも記録ってことで残しておきたいと思います。

★まとめリンク:(※各記事が別ウィンドウで開きます)

<旅メモ>石川旅行(7/28:母の実家)
<旅メモ>石川旅行(7/29:母の実家→金沢)
<旅メモ>石川旅行(7/30:金沢)
<旅メモ>石川旅行(お土産編)

<旅メモ>石川旅行(お土産編)

<旅メモ>石川旅行(お土産編)

石川旅行レポート、最後におまけの「お土産編」です。私が友人・知人、そして自分に買ったお土産を一部紹介。

能登・羽咋 UFOの街
強烈な箱のデザインに思わずジャケ買い(?)したお菓子。能登や羽咋近辺がUFOで有名なのは知ってましたが、こんなお菓子まで作っていたとは(笑)。中は柔らかいパイ生地であんこを包んだスタンダードなお菓子で、結構おいしかったです。配ったら友人・知人各位が皆さんそれなりにいいリアクションでして、笑いのツボが合った感じで嬉しかったです。

Read more

<旅メモ>石川旅行(7/30:金沢)

<旅メモ>石川旅行(7/30:金沢)

最終日です。15時過ぎの電車で東京に帰ります。あまり時間がないので今日はプチっとターゲットを絞って行動。「金沢21世紀美術館」と「妙立寺」に行ってきました。

ホテルで朝食を済ませて早々にチェックアウト。大きな荷物は駅のロッカーに預け、観光バスの金沢周遊バス一日券を購入。15分ごとに出る金沢の中心部の観光地各所に止まるバスで、要所を効率よくまわるには便利です。まずは「金沢21世紀美術館」へ向かいました。途中、おととい豪雨で氾濫した浅野川を通ったのですが、いまだ水がにごっていてゴウゴウいっておりました。

ほぼ開館時間に到着。SANAAデザインのこの建物、高さは無いし、外側はガラス張りで威圧感がなく、その暖かい丸さは周囲の風景と自然と馴染む美しいフォルムです。庭も広く、一見のどかな公園のようでした。いいですねぇ。新しいものが違和感なく古い町に存在しています。建築はあまり興味もってなかったのですが、SANAAのデザインでは直島の海の駅もよかったです。

Read more

<旅メモ>石川旅行(7/29:母の実家→金沢)

<旅メモ>石川旅行(7/29:母の実家→金沢)

遠くに虫の声を聞きながら、窓から入る気持ちの良い朝の風に包まれて目が覚めました。今日はまたおばあちゃんに会いに行き、その後金沢に移動です。

てっつんは朝から一仕事してきたらしく、朝食の席で仕事着でした。朝ごはんをいただき、またひたすらしゃべり始める4人。私はほどほどだったのですが、相変わらず母とてっつんがひたすら話続けています。私はちょっと眠かったので、途中離脱して部屋でうとうと。小一時間くらい経って戻ってもまだしゃべってる。そうこうしているうちにHおばちゃんがお昼を出してくれました。ありゃ、午前中ずっとしゃべってたのか!(笑)

昼ごはんの時間にはおばあちゃんのところに行くので、ちょっと早めのお昼をいただき、家を出ました。これで母の実家とはしばらくお別れです。少し後ろ髪ひかれながら、てっつんの車でおばあちゃんのいる施設へ移動。しかし、てっつん、道に迷いました。「関係者以外立ち入り禁止」の農道を走ってます。おい!・・・遠回りして、Hおばちゃんに電話で道を聞こうと思った矢先、ようやく着きました。

Read more

<旅メモ>石川旅行(7/28:母の実家)

<旅メモ>石川旅行(7/28:母の実家)

去る7月下旬、2泊3日で石川県に行ってまいりました。私が予定外にこの時期に夏休みをとることになり、さらに母が久しぶりに実家に行くというので一緒に行ってきた次第。子供の頃毎年夏に行っていた母の実家には10年近く行っていなかったので、とてもなつかしい旅行になりました。

東京から石川県に行くには、飛行機だと能登空港 or 小松空港。電車だと越後湯沢経由でほくほく線で金沢に出ます。飛行機は乗り慣れてない面倒くささがあり、さらに金沢に行く予定だったので比較検討するまでも無く私たちは電車で行きました。4時間30分かかります。北陸の横ルートは新幹線が通ってないので意外と遠いのです。

上野から朝早く出たのですが、この日の朝、富山や金沢近辺はニュースになるような局地的な豪雨に見舞われ、電車は富山付近から急にのろのろに。結局予定より1時間以上遅れて金沢に到着しました。後からこの雨がどれだけすごかったか聞いたので、電車の遅れだけでよく済んだなぁという状況でした。

Read more

映画「崖の上のポニョ」・・・おかわり

映画「崖の上のポニョ」・・・おかわり

仕事帰りに行ってきちゃいました。「崖の上のポニョ」のおかわり。・・・つまり二度目。劇場で同じ映画を二度観るなんて数年に一回のことかもしれません。

先日、録画しておいたNHKのプロフェッショナル仕事の流儀スペシャル「宮崎駿のすべて~”ポニョ”密着300日」を見たのがきっかけです。よくできた番組で、この映画に対する宮崎監督の思い入れや伝えたいメッセージがわかったし、何よりも制作の工程が作品の展開と妙にマッチして興味深かったのです。好きで、好きで、もう一度観たい!・・・というより、もろもろ確認したくてもう一度観てきたという感じです。(→一度目の時の感想はこちら

以下、ネタバレあり。番組で出てきたエピソードを一部取り上げます。

Read more

映画「12人の怒れる男」(原題「12」)

ニキータ・ミハルコフ監督最新作「12人の怒れる男」を観てきました。有名な「12 Angry Men」のリメイクです。原題は「12」(twelve)なので、邦題が意図的に同じものになったようです。

「12 Angry Men」は中学か高校生の頃、学校の授業で見ました。モノクロの退屈な映画と思いきや、筋は明確だし、ラストまでの展開が爽快で、人間の心理の危うさが強烈に印象に残った作品でした。

あの映画が半世紀たってロシアでリメイクされることで、一体何がどう味付けされて変わるのか。それにも興味があったし、何よりもニキータ・ミハルコフというロシアブランドに惹かれて観てきました。

感想は、結論から言うと、かなりぐっときました。オススメです。

Read more

続・一人暮らしの妄想

朝、なんとなく気まぐれで家を出たいと思ってることを母に話したら、「だったら今から積立しなさい!」と妙にリアルな話になりました。ぼんやり思っていることを口にしただけなのに具体的な指示が返ってくると、妙に現実味が増してくるものです。あと、言葉のフィードバック効果でしょうか。とにかく突然本気っぽい話になってきました。

そして帰宅時にぶらっと寄ったコンビニで週刊CHINTAIを衝動買い…。ネットでも見られる情報をわざわざ紙で見る。これまた生々しく迫ってきます。なんなのさ。ヤル気なのかい?>自分??

家賃相場は、やっぱり希望の場所と広さを合わせると10万/月です。下町のワンルームですが、交通の便が良いので値段はこれが相場なのかも。高い!

…いつもの一時的な熱病か、やや本気なのか自分でもわかりません。でも年内はまったく考えていません。だから年末になったらきれいさっぱり忘れてるかも。やっぱり金銭的な不安が大きいのでした。