映画「ロボコン」を見ました。ロボット好きと言っておきながら今更なんですが、いかんせん、公開当時日本にいなかったので、ロボコンが映画になったこと自体知ったのが結構後なんです。

舞台は徳山高専。映画のエンディングロールは協力がすでに周南市になっておって、徳山市がいつ周南市になったのか調べたら、この映画公開(2003年)の4月でした。周南市になってほやほやの時期の映画だったのですね。カットされてたシーンに、PP氏が言ってた「工場萌え」の被写体らしいコンビナートが映ってました。

…と、前置きが長くなりましたが、簡単なあらすじと感想。感想以下は多少のネタバレ含むので、OKの方だけ続きを読んでください。

高専に通う主人公・葉沢里美は、いい加減な課題を提出して図師先生から居残りを1ヶ月命じられる。居残りを嫌がると、かわりにロボット部への参加を促された。入った第2ロボット部は強豪の第1ロボット部と違い、メンバーは最小の3人で、気持ちもばらばら。そんなチームで突如ドライバーとして予選に参加することになった里美は、やがてチームをまとめて高専ロボコン全国大会を目指すようになる。

以下、感想。

続きを読む