今日はエリーさんにお誘いいただいて、上野西郷像下にあるファミレス「聚楽台」に行ってきました。なんでも50年もの歴史を誇るこの昭和ファミレスが、上野の再開発で今月21日に一度閉店するそうなのです。2010年に営業は再開するそうですが、新しい店舗には興味がもてません。残りの日も少ないので、即決で行ってまいりました。

建物正面には派手な電飾。文字がかなり欠けてましたが、もう閉店するから関係ないか。上野の風景の一部になっているこの電飾も、なくなってしまうんですかね。入り口でメニューをチェック。チェックというか、最初からここの名物「西郷丼」にしか興味ないので「西郷丼」を確認。階段を登ってお店は2階です。

店内は窓側のイス席と、通路を挟んで反対側に座敷席があります。イス席は洋風昭和レトロな雰囲気。街路灯や壁の飾り物がなかなか品があります。赤いソファーはレトロでかわいいです。

そして、反対側は謎の桃山調の座敷。靴箱に靴を入れ、いざお座敷へ。ブースの仕切りと壁のデザインが奇妙なんですわ(笑)。でも妙に居心地がいいのはゆったりとしたスペース、適度なほかのお客さんとの間隔、そしてファミレスと言いながら、ミドル中心の客層のせいかもしれません。お洒落な若者は上野駅のアトレで食事してるのでしょう。

続きを読む