第4回「わんだほー ろぼっと か~にばる」に行ってきました

   

初めて「わんだほー ろぼっと か~にばる」(二足歩行ロボット競技大会)を見てきました。会場は文京シビックセンターで、「春日」駅からつながっていたのが楽ちんでした。昼間の用事を済ませ、野球帰りの同行の小学生(waku)をピックアップして大江戸線でGO。会場に着いたのは15時過ぎで、「ボトルトラクション」の終わりくらいでした。

「ボトルトラクション」はちょびっとでしたが、続く「サイコロシュート」「キューブ」、そしてランブルは全部見ました。競技に変化があるし、すぐに勝敗が決まらないような工夫がルールにあるのですが、それもシンプルでわかりやすく楽しかったです。(ROBO-ONEとか細かいルールよくわからないもんなー。)「ロボットあんまり興味ない」と公言しており、実は今日もしぶしぶ付き合ってくれたwakuも夢中になって覗き込んでいたところを見ていると、子供も素直に楽しめる大会なんだと思いました。

すべて初めてみた競技だったので、面白いシーンもたくさん見られました。同じロボットも、競技によって得意・不得意とか個性がよく出ていました。



個人的にまだどこか見たいなと思ったのは手が車輪のwheeler。前に倒れて腕についた車輪を回して前進する姿が、完全に前に倒れた状態で水平移動しているかのようで非常にかわいいのです。有線のコントローラーもなんか、イイ感じ。

wakuのお気に入りはKinopy。歩くときの音とか、セリフとか、キャラができててかわいいです。ロボット運動会でyoruhanaさんがぺんとの起動音に感動していましたが、ロボットの人格(?)を作り上げる細かい装飾はさり気なく重要だな、と子供の反応を見ていると思います。(何を求めるかによりますけど。)

ivreはすごかった!出てきたときから全然存在感が違ってましたが、動き出すと離れて見ていても怖いくらいの大胆な動き。高専ロボコンの航空高専のプロペラ・ロボットの旋回を思い出しました。ちょっと感動。大きさも動きも大きいだけに腕を回すと倒れやすそうでしたが、今後、この大きな腕で思いっきり胸のすくような技が決まる瞬間をぜひ見てみたいと思いました。

トコトコ丸はサッカー・バージョンでした。びっくりしたのが手。5本指!しかし、この両手でサイコロを抱えて歩く姿はすごいかわいかったです。(・∀・)イイ!!

そんなこんなでランブルまでで3時間くらい経っており、wakuとご飯を食べに行かなくてはならないので最後のバトルは見ずに帰ってきました。結果が気になりますが、すぐにどこかに出るかな。

wakuと秋葉原でリクエストのあったラーメンを食べて、DSのソフトを買って帰宅しました。wakuと楽しいロボット観戦の日になりました。きっとまた彼は付き合ってくれるでしょう。

ちなみに「ボトルトラクション」の後、競技で使われたペットボトルのお茶を一本いただいたのですが、思いのほかwakuが喜んでました。家に帰ってから「ロボットが運んだお茶だよ」とおばあちゃんに自慢してました。ありがとうございました!

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - ロボット関連