映画「陽はまた昇る」

   

フリーペーパーでお勧め記事を読んで、映画「陽はまた昇る」を借りてきました。日本ビクターがVHSを開発し、世に出すまでの実話を元にしたフィクション(脚色)映画です。ソニーとか松下とか、実在の会社が実名で出てきて、映画ながらややドキュメンタリーっぽいです。

これって「プロジェクトX」だよねぇ、と思って調べたら、やはり「プロジェクトX」の放送が先だったようで、恐らくこのエピソードの反響が高くて映画化されたのでしょう。

感想は、良かったけど何か物足りない感じでした。一つ一つのエピソードは感動的だし、とりあえず最後は大泣きするのですが(笑)、実話に元づいているからこそ、もう少し丁寧に人の心の変化を描写してほしかったです。全体的に急ぎ足な印象でした。



前半は開発までのエピソード。ソニーが華々しくベータマックスを発表する一方、日本ビクターの不採算のVTR事業部は、お客さんが求める「2時間の録画」にこだわってVHSの開発をすすめます。開発部隊は不眠不休で、時には取っ組み合いの喧嘩をしながらもVHSの開発に成功。

…私はここまでの話だと思っていたのですが、本筋はここから。素晴らしいものを開発しても、他の大手メーカーに採用されなければ生き残れません。開発までのエピソードも重要なのですが、この後の世に出すまでに色々な工程があることがわりとリアルに描かれていて、面白いです。

作っただけではダメ。人が人を動かして、それからすべてが動く。それが組織であって、会社であって、そして世の中であるということ。この映画は、その中心にいた加賀谷静男の熱い心を表現し、それに応えて一緒に夢を叶えた人たちの映画なのです。

恐らくエピソードはいいものだったので、構成や脚本が少し残念だった気がします。この「プロジェクトX」も見てみたいです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 映画