調査とか統計とか分析とか…

   

今日、ある調査会社の、ある調査結果について話を聞く機会がありました。

調査概要の説明から始まって、いくつかの角度からの分析、まとめ、そして課題の洗い出しまで、約1時間半のプレゼンでした。私は下座で聞いていただけなのですが、頭が痛くなって大変でした。。。

苦手なことはたくさんあるのですが、そのうちの一つが調査分析みたいなもの。理解ができず、頭の中で数字と、それから導き出される仮説が頭の中でちりぢりと分散していくのが自分でわかるのです。

数字のセンスがないのだと思います。この数字のセンスというのは理数系に強い、ということではなく、その数字を読む力みたいなもののこと。(山田真哉も「さおだけ」の本に書いておりましたな。)

…私はパラサイトながら細かに家計簿をつけているのですが、それを分析する力が無いのでまーったく意味を成しておりません。以前、マーケティングを勉強中の人にその話をしたら「分析してやる」と言われましたが、恥ずかしくて見せられないっての。ほんと、自分できちんと分析できるようになりたい…。

それにしても、プレゼンを聞いた後の疲弊ぶりには自分でびっくりです。とことん弱いことを実感しました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他