<旅メモ・香川編(2)>9/13:琴平&高松

   

●中野うどん学校

うどん打ち体験ができるのは「中野うどん学校」。TVで紹介されたり、ガイドブックにも載ってる有名なお店のようです。

平日だし、夏休みシーズンでもないのでお客さんは少ないと思いきや、私以外は若者のグループが3組。女の子(5~6人)グループ×2つと、男の子の超団体(30人くらい?)で会場はいっぱいに。みんな10~20代前半の若者ばかりだったし、男の子グループが勝手に盛り上がって合コン気分手前の状態だったので、一人でさらに年増の私はかなり気後れしてしましました。(実際、女の子が男の子たちを相手にしてませんでしたが。)うう。なぜこんな形で一人旅の悲哀を感じるかな(笑)。

授業は前半と後半にわかれていて、前半は出来上がってる生地を伸ばして切り、後半は粉と塩水を練り、さらに踏んで生地をつくります。

生地は練ってから2、3時間熟成が必要なので、前半はお店で用意した生地をもらいました。麺棒で前後に伸ばし、さらに巻きつけて伸ばす、伸ばす。そして畳んで切る。ふむ。切る工程に関しては蕎麦より簡単のような。というのも、あまり細くてもおいしくないから適度に太くてOKなのです。これは後で食べるので、蓋付きの容器に入れて置いておきます。

続いて後半。小麦と塩水をまぜ、生地をつくる作業です。ボールに入った小麦に塩水を何度かに分けてまぜ、練ります。形になったら今度は踏みます。「こし」を作るために大切な工程らしいです。厚手のビニール袋に生地を入れ、ミュージック・スタート!

「きよしのズンドコ節」やら「タッチ」やらの音楽にあわせて「踏む」→「畳みなおす」→「踏む」を3回ほど繰り返しました。するとどうでしょう。確かに生地のキメが細かくなっています…!

生地を取り出して軽く畳むと、またビニールに入れて封をします。これはお持ち帰り用。2、3時間熟成した後に、お家で伸ばして切って食べてね、ということらしいです。数日もつと聞いたのですが、私のは3日後に帰宅して開いらカビが生えてしまいました。残念…。

最後は切ったうどんを食事場所でいただけます。お湯を沸かしたお鍋や食器、薬味など用意してあって、自分で伸ばして切ったうどんを投入!茹でたてうどんをいただきました。

気分もお腹も満たされたのですが、ソフトクリームの看板につられて「マルキン醤油(琴平店)」にぶらり。「醤油ソフトクリーム」をいただきました。ほんのり茶色い感じが醤油らしさですが、全体的に良くも悪くも醤油テイストはなし。「醤油?醤油?」とイメージしながらおいしくいただきました。(写真は一口食べたあとです。食べかけ写真すみません。)お土産に香川の塩もここで買いました。

●栗林(りつりん)公園

再び「ことでん」です。やっぱりこの電車、居心地がいい。車窓からみえる風景もさることながら、車内に流れてる空気がとても穏やかなんです。心の底から癒されながら、「栗林公園前」で下車。

大名の別荘や下屋敷だった「栗林公園」は、広大な庭園公園という感じ。時間が閉園間近で微妙だったのですが、なんとか滑り込みです。ですが夕暮れが見られるいい時間だったようです。

地図もろくに見ずあちこちブラブラしていたところ、途中地元の80歳のおじいちゃんに声をかけられました。なんとなく話しているうちに、このおじいちゃんが園内を案内してくれて、効率よく園内をまわることができました。

この80歳のおじいちゃん、見た目は70歳くらい。ぴんと伸びた背筋も、歩き方も若々しく、肌もつやつや。血圧も適正値で、医者も驚く健康体だそうです。毎日この栗林公園を歩いているらしいです。距離もあるし、それなりに起伏もあるこの公園の散歩が、健康の秘訣らしい。素敵です。

栗林公園はよく香川のPR写真に使われているのですが、正面にそびえる山の美しさがとにかく素晴らしいです。美しいカーブと、それほど高くないので庭の背景としてきれいにおさまっているのです。ただ、非常に残念なのが、背後に広がる都会の風景。山を見ていて後ろを振り返ると、ビルが乱立しているのが丸見えなのです。山が美しいだけに余計に残念。

 
美しい夕暮れを見ておじいちゃんと一緒に公園を出たら、短いデートは終了。別れを告げた後「ことでん」で「高松築港」駅まで戻り、ホテルに帰ったらぐったりでした。気を失うように寝てしまいました。(一度起きてお風呂入ったけど。)こんぴらさんの石段が全身に効いた感じ(笑)。香川旅行1日目終了です。

【9月13日(木)】

★本日の支出

・タクシー:1,700円
・お茶:150円
・お昼:500円
・ソフトクリーム:189円
・ことでん一日券:1,200円
・ポカリ:200円
・おみくじ:100円
・うどん学校:1,785円
・醤油ソフト:200円
・お土産:1,650円
・栗林公園:400円
・ジュース:120円

★科目別

・食費:1,359円
・交通費:2,900円
・観光費:2,285円
・お土産:1,650円
-------------------------
合計:8,194円//

<旅メモ・香川編(3)>9/14:直島&高松につづく。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ