暑中見舞いは梅雨明けからですが、、

   

暑中見舞いは梅雨明けに出すらしいです。

んが、せっかく作ったトコトコ丸のカード、使いたい&「暑中見舞い」と書かずにポストカードならOK?という解釈のもと、今日一枚書きました。1ヶ月ほど前に引越しのお知らせをくださった方へのお返事です。

ちょっと困ったのが、実は私はカラープリンタを持っていないということ。6年くらいモノクロレーザーを愛用しています。

データ作成後の印字テストは、そのモノクロレーザーと、父親の古いインクジェットを引っ張り出してやったのですが、モノクロは色がないし(当たり前)、インクジェットは調子が悪くて黄色が出ず、なんか、二色刷りになった(笑)。そんなわけで、データ作っておきながら、私自身はまともにカードを印刷できていないでいました。

しかし、今回はハガキを作りたいので、いろいろ考えて、写真屋さんにSDカードでJPGデータを持って行き、ハガキサイズ印刷を頼んでみました。

結果は…
うえー。色が変…。

全体的に明るさが落ちていて、茶色い線は限りなく黒だし、魚の色は緑っぽいし、トコトコ丸の顔色は悪いし(笑)、イマイチでした。敗因は恐らく色のモードかと…。(写真はRGB。今回の印刷用データはCMYKで作成。)

あと、家庭用プリンタの縁(印刷余白)対策で、画像や文字をぎりぎりに配置したのですが、写真プリントは「縁なし」が基本なので、それが裏目に出て全体的に窮屈なレイアウトになってしまっています。

カラーレーザーの出力見本(A4)に比べると色味が本当に残念なのですが、とりあえず希望通りのハガキサイズだし、印刷精度はきれいなので使うことにしました。

ちまたにはデジカメプリント、ビジネス用の出力サービスはたくさんありますが、イラストデータのハガキサイズプリントって意外とないような…?需要がないのでしょうか。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他