【Day1】ROBO-ONE Special CUP in パナソニックセンター東京

   

昨日&今日の二日間、二足歩行ロボットの格闘大会「ROBO-ONE」の「サッカー大会」に行って来ました!

作者の網野さんに事前に問い合わせしてトコトコ丸の出場を確認し(笑)、気合を入れて朝からお台場の「パナソニックセンター東京」に向かいました。ご一緒してくれたのはN子さん。ロボットファンではないのですが、「お台場行ったことないからいいよ~♪」と、お付き合いくださいました。感謝!

さて、1日目の今日は「ROBO-ONE Eagle」とサッカーの予選。


「ROBO-ONE Eagle」はサッカーとは別に独立して開催された個人参加の競技で、ロボットのアスレチック競技です。専用のステージは数々の難関があり、それを制限時間内にクリアするというもの。各障害に対応したロボット&モーション作りが必要です。はまる場所はロボットによって違うのですが、平均台と階段が特に難しそうに見えました。(その手前でタイムアウトのロボットもいましたが。)見事にすべてをクリアしたYOGOROZA-V、ARIUS、くまたろうの3体すべて素晴らしかったのですが、おじいさんのように腕を腰の後ろに回し、妙な動きをして声を出す「ivre-VIN」が私たちのツボでした(笑)。

休憩を挟んで、観客によるロボット操縦体験会が行われた後、いよいよ明日のサッカー大会の予選です。出場20チームのうち、本戦に出られるのは16チーム。Dash、Ball、Shootという規定競技の合計点で決定します。この3つの競技はすべてサッカーに必要な基本動作を踏まえて設計されているようです。

Dash は1体ずつ走ってタイムを競うもの。ただしスタートラインで横倒しにされ、立って回ってから走るのがルール。あと、競技ステージから落ちたり、制限時間を越えたらそこまでの距離の実測がスコアになります。ベテランロボットがコースから落ちたりして、まっすぐ走るのも難しいんだなと思いました。

Ball はボールを掴んで投げ、的に当てる競技。サッカーでのスローインの動きです。2度くらい前の(?)KONDO CUPでスローインしてるロボットみて驚いたのですが、この競技では結構みんなフツーにやってて驚きました。

そして最後の Shoot は、ボールをキックしてポールに当てるもの。ポールに近いほど高得点で、ポールに至らない場合は距離がスコアになります。なぜか一蹴目は当たるチームが多かったのですが、二度以上当てるのは難しいようです。ポールまで結構な距離があるし、ボールは柔らかくてまん丸じゃないので曲がるんだよね~。

そんなこんなで、わいわいと楽しく終了。

あ、トコトコ出なかった~(@o@;)。

が、すべての結果発表が終わり、参加選手の撮影が終わった後、網野さんに声をかけ、トコトコ&網野さんと写真を撮ってもらいました。あーんど、昨日のブログに書いたとおり、トコトコのワッペンをいただいてニヤニヤ(笑)。うふふ(笑)。

予定より1時間ほど早く終わったので、その後N子さんとお台場海浜公園に行きました。夕暮れ前の涼しい時間に砂浜を歩く。よかったですよー。

・・・それにしても、予選ってお客さん少ないです。お客が多くても見えなくてイライラしますが、あまりにも少ないと変に居心地悪かったりして。

というわけで、Day2のレポに続きます。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - ロボット関連