歌って練るアイス「コールド・ストーン・クリーマリー」

   

またまた昨日の日記なのですが、、IKEAに行った後、船橋ららぽーとの「コールド・ストーン・クリーマリー」に行きました。

六本木ヒルズの1号店がオープンしたとき、えらくメディアで盛んに取り上げられてたのでご存知の方も多いと思います。スタッフが歌いながら、-9℃の冷たい石の上でアイスクリームとトッピングを混ぜてくれる、アメリカ生まれのアイスクリーム屋さんです。

気になってはいたものの、アイスを食べにヒルズに行くほどスイーツなOLではありません。ところがたまたま「アイスでも食べたいね~」と行ったららぽーとにこの店があったのです。向かいにはハーゲンダッツがありましたが、そりゃ新しい方に入ってみたいがね。

私は私は「ストロベリー・ショートケーキ・セレナーデ」という、アイスにイチゴ、スポンジ、生クリームが入ったmixを注文。一緒に行ったおじゃは「オン・ゴールデン・チェス・ナッツ」という栗やらりんごやらが入った秋のメニューを注文しました。

店員は注文を受けたあと、客の目の前でガラス越しにアイスを混ぜていきます。横長のカウンターで、サブウェイみたいな感じ。そして、突如歌いだす(笑)。・・・いったい何がきっかけで、どのタイミングでなのかまったくわかりません。申し訳ないけど、こちらが気恥ずかしくなる雰囲気でした・・・。

さて、出来上がり。お味は・・・普通。普通です。おいしいけど、特別な感じはいたしません。チープな私はサーティー・ワンでいいや。。

Google Adsense

 - 食べ物登場