映画「Mr.インクレディブル」

   

私の中で、「Mr.インクレディブル」はピクサー作品の中であまり人気がないというイメージ。今回見てみて「こりゃだめだ」と思いました。

(ストーリー)
超人的な能力を持った一部の人間が人々を救った時代は去り、スーパーの力を持つボブ一家はその力を隠して普通の生活を送っている。ところがボブに恨みを持つシンドロームによって、スーパーの人々の命が狙われていた。

以下、ネタばれ含むので興味のある方だけどうぞ。


私が思うこの作品の最大の駄目ポイントは、主人公がボブ(一家の父親)であったこと。いったいマーケットで誰をターゲットに作品を作ってるんだろう?と首を傾げてしまいました。

これまでのピクサーの作品は、大人も楽しめるクオリティをもった、子供向けのアニメ作品だったと思います。ところがこの作品は、ビジュアルは子供向けなのに、筋や設定は大人向け。変にちぐはぐなのです。

ストーリーの前半で語られるのは、過去の栄光に執着しながら、家族のためにしがないサラリーマン生活を送るボブの姿。かわいいアニメで中年の悲哀みたいのを見せられてもねぇ・・・。大人の私ですら共感できません。子供はなおさらでしょう。

子供たちを主人公にしてほしかったです。子供たちも十分活躍しますが、ヘレン(母親)の活躍が目覚しすぎて、やっぱりこの映画の中心はこの夫婦なんだ~と感じたらがっくりしてしまった。

考えてみたら「ファインディング・ニモ」も主人公はお父さんでしたが、魚だから、舞台もビジュアルも設定も、人間の中年くささがないんですよ。「トイ・ストーリー」や「バグズ・ライフ」も主人公は子供ではないかもしれませんが、結局人間じゃないから子供たちも入りやすいんだと思います。それがこの作品では、キャラも、舞台設定も完全に大人の世界にしてしまっている。これを楽しむ大人はいても、子供は前半で飽きるだろうと思いました。

と、一つのポイントでグチグチ悪口を書いてしまいましたが、さすがピクサー。映像は素敵でした。ニモほどの感動はありませんでしたが、キャラの表情の表現が細かくてよかったです。変なオーバーアクションだけで誤魔化さず、微妙な口の動きで感情を表現したりとか。(特にヘレン。)

キャラクターについては、良い意味でも悪い意味でも平凡。でもそれがこの作品の狙いなら成功してると思います。

そんなわけで、残念ながら私にとっては低い評価の作品ですが、ピクサーファンならその歴史の一部としてぜひ見ておきましょう。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 映画