本「病気じゃないよ、フツーだよ 神経科に行ってみよー」

   

ブックオフで何気なく手に取って買った本です。

漫画家・藤臣 柊子さんの「病気じゃないよ、フツーだよ 神経科に行ってみよー」を読みました。

一言で書くと、神経症の著者による神経症についてのエッセイです。うつ病やパニック障害など、実体験にもとづき、その治療や回復、再発などなどをリアルに、でもあっけらかんと書いています。

amazonの感想などを読んでいると賛否両論で、きっと実際に今病気の方々には共感できたり、そうでなかったりするんだなと想像します。

たぶん、この本の評価は良い、悪いではなく、一人の人間のエッセイとして興味深いのだと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 -