春の一日

春らしい一日でした
お天気だけじゃなくて私の過ごし方も。

今日は午前中に注文したベッドが届くことになっていたので、朝から部屋を片付けてました。・・・といっても、ひたすら物を寄せてスペースを確保するという作業でしたが(笑)。ベッドは無事届き、設置してもらいました。春からベッドでの生活です。

お昼はスペイン語教室。いそいそと出かけ、1時間の授業を受けていそいそと帰宅。わざわざ電車に乗って行くので、いつも授業後は寄り道をするのが習慣なのですが、今日はやることがいっぱいあるのです。

遅い昼食を済ませ、姉と自転車に乗って向島へ。姉が気になる店を見つけたと言うので店の写真を見せてもらったら、確かに気になるレトロな外観の店だったので、そこに行ったのです。途中、新東京タワーのセレモニー会場のようなものがありました。

向島の喫茶店「カド」でバナナジュースをいただきました。くるみパンと果物ジュースのお店です。レトロ感を出した店ではなく、真性レトロな店。買って帰った300円のくるみレーズン、チーズ入りパンがめっちゃおいしかった。買いに行くの面倒だけど、また食べたいい。・・・桜はすっかり散ってしまいましたが、陽気に誘われて、たくさんの花見客が隅田川沿いの公園にいました。

帰宅後は冬物の整理。セーターを洗濯し、ほつれたズボンやスカートの裾のお直し。ずっと気になってたのでこういう作業を一気にできる時間を確保できるのは快感です。

セーターの洗濯はまだ半分もいってません。スカートはクリーニングです。これらが全部片付いたら気持ちよく春を味わえるような気がします。