マイアヒー!の「のまネコ問題」

   

まだまだ人気拡大中の「恋のマイアヒ」。今日、近所のレコード屋店頭であのFLASHアニメが延々と繰り返し流され、前を通った老若男女が見入ってました。オリジナル版やそのほかのヴァージョンはネットに落ちていますが、ネットをやらないような人たちは初めてフルでこのアニメーションを見るらしく、みんな楽しんでました。日本でのこの曲のヒットの背景に、このアニメーションの貢献度は相当だと思います。

さて、このブームとあわせてネットで問題になっているのが、「のまネコ問題」。このアニメーション、どこからどうみても、2ちゃんねるのAA(アスキーアート)キャラクターなのですが、エイベックスがオリジナル・キャラクター「のまネコ」であると主張し、色んな商品展開が計画されているらしいのです。

(↓長くなったので「続きを読む」をクリック)



ギコちゃん、おにぎり君、その他2ちゃんねるのAAキャラの作者は特定できず、しかも2ちゃんねるの住民がみんなで育てた、誰のものでもないキャラクターのはず。

このエイベックスの「のまネコ問題」については、色んな人がエイベックスに抗議したり、ネット上で問題を訴えているのですが、現時点でエイベックスは主張を曲げてない様子。「のまネコ」は2ちゃんキャラから「インスパイア」されてできたもので、同じものでは無いというロジックらしい。

一言個人的な意見を言うなら・・・

エイベックス、凄いかっこ悪い!

イメージが相当悪くなりましたよ!・・・事態が進めば司法の判断を仰ぐことになると思うのですが、そこで万が一エイベックスが勝ったとしても、何かしらのマイナスの運動がマーケットで動くはず。(多分、私もそれに参加する。)その時のエイベックスという会社へのブランドイメージは、確実に傷つけられるのではないでしょうか。っていうか、私の中ではすでに傷ついてますが(笑)。

現時点で私がするのはこのことをここ(ブログ)に書く程度ですが、今後もこの問題は見守っていきたいです。しかし、あのFLASHアニメを作った「わた」さんというOL。今は印税のたぐいは受け取っていないと言っているそうだし、もしかすると彼女も被害者なのかもしれませんが、不注意は否めないですね。某FLASHイベントへの参加も辞退したそうですが、今人前に出ることは適当ではないでしょう。

最後に余談ですが、8月にバンコクに行ったとき、夜のバーでこの曲が流れてました。日本でだけ特殊な流行り方をしていますが、この曲が音楽として世界的にヒットしているのは間違いないような気がしますね。

「のまネコ問題」のまとめページ

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 時事ネタ