公認会計士タイホ!

   

カネボウの粉飾決算に加担した中央青山の公認会計士さん、逮捕されてしまいましたね。今日の午後、職場はこのニュースでざわざわしてました。会計士も逮捕されるんだ~と驚いてましたが、債務超過の粉飾に積極的に関与したとのことですから、犯罪ですよね。夕刊には、中央青山は足利銀行にも訴えられてるという記事が並んでて、これは相当なダメージと見た。

思えば2ヶ月前は簿記の「ぼ」の字も知らなかった私。細かいことはわからなくても、こんな会計関連のニュースに興味を持つようになって、ちょっとは成長した?

ちなみに私が会計士の仕事を知るよいきっかけになったのは「女子大生会計士の事件簿」。すごく面白いわけじゃないけど、ミステリータッチで監査の様子を描いた、会計士の仕事を知るにはもってこいの本です。売れまくった「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」と同じ山田真哉さんが書いてます。この「女子大生~」でも、クライアントに肩入れする悪い代表社員(会計士)が登場します。規模とかニュアンスは違っても、この本を読むと今回のカネボウの事件がイメージしやすくなりますね。

また読み直そう。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 -