簿記・第八回

簿記簿記・・・

すでに決算の処理を勉強しており、3級の範囲のクライマックスを迎えています。今日は貸倒の処理と、減価償却の処理を勉強しました。

今日驚いたのは、貸倒(かしだおれ・貸したお金が返ってこない)に備えて、貸倒引当金なる準備金を記録するという処理。先生の説明では、売掛金(ツケで商品を売った際の代金)が、取引先の倒産などで回収できないなんてことは珍しくないからこんな処理があるのだという。

えー?
貸した金返せよ~♪

商売ってそういものなんだね・・・。
今日も一つ賢くなりました。(一つかい?)