映画「エメラルド・カウボーイ」

映画「エメラルド・カウボーイ」。2001年制作、2003年アメリカ25都市で公開。そして2004年コロンビア全土で公開されたメイド・イン・コロンビアの日本人映画。コロンビアで話題になったと宣伝されてるが、私のコロンビアの友達は二人とも知らないと言っている(笑)。

観てはっきり思った。映画としてはB級です。
しかし・・・

早田さん!
あなたの人生とあなた自身に星五つですーっ!!
★ ★ ★ ★ ★

くわっ!コロンビアにこんな素敵なハポネスのセニョ~ルがいたなんて知らなかった。シビレマシタ~

・・・と、引っ張りすぎましたが、これは実在する日本人エメラルド王、コロンビアでのエメラルドビジネスに大成功した早田英志さんの自伝的映画です。その資産は数千億ともいわれ、2003年の統計では、日本に輸入されるエメラルドの70~80%は彼の会社を経ているともいわれる超成功者なのです。

そしてこの映画は、1940年生まれで今年65歳になるセニョール・ハヤタが、若き頃コロンビアでエメラルドに魅せられ、その眼識や勇気を持ってビジネスを成功させていくドキュメンタリー的な映画であります。後半は早田氏本人が自分自身を演じます。

コロンビアでのエメラルド・ビジネスというのは危険も伴い、妬み、身代金目的、エメラルドの強奪などを目的に、早田さんはつねに命の危険に晒されてるとか。でっかい銃を構えた半ダースのボディガードに囲まれて移動するその姿は、なかなか圧巻であります。

さて、映画の感想。

Read more