続・ピエールマルコリーニ

   

ピエール・マルコリーニのご紹介続きです!

シンプルだけど存在感があるフォルム。こちら「Noisettine(ノワゼッティーヌ)」。中はヘーゼルナッツのプラリネなのですが、口に含んだ瞬間にナッツの風味がふわっと口の中に広がって、見た目のシンプルさをちょっと裏切る一工夫ある味わい。おいしい~。

「Cendrillon lait(サンドリヨンレ)」という名前。てっぺんの四角は何をくっつけたのかな?と食べる前からあれこれ想像したけど、予想はハズれた!公式ページの説明では「オレンジの香りを付けたガナッシュとヌガティーヌをミルクチョコレートでコーティング。」だそうです!このあたまのガナッシュの部分がサクサクしていてなんともおいしい・・・。しかもオレンジの香りもふんわり口に残ります。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 食べ物登場