本「電車男」

   

日向さん、貴方の紹介記事の次が「電車男」でスミマセン。(本人見てない、見てない(笑)。)

やっと読みました。発売が去年の10月ごろですから、まだそう時間は経ってませんが、すでにかなり語りつくされた感がある話題作です。映画化の話もあるし、二番煎じ作品の発刊が控えているし、まだまだ盛り上がりそうではありますが・・・。

こんなに有名な作品だと、今更説明をするのも野暮ですが、一応紹介文。

(ストーリー)
22歳のアキバ系のオタク男がある日、電車で酔っ払いから女性を助けたのがことの始まり。この本は、これまで女性に縁の無かった彼・・・後の「電車男」が、某有名掲示板に助けを求め、その女性との恋を成就させるまでの物語です。これは電車男と、彼を応援する掲示板の住人とのやり取り(=ログ)のみで構成された作品です。

以下、感想にはネタばれありまくりなので、読みたい方だけ続きをお読みください。(本当にそのまんまネタばらしてます。要注意。)


まず、この本を、余計な情報一切無しで読めた人がうらやましいです。ネットでちょっと調べれば、この「電車男・自作自演説」という疑惑に出会います。「最初から本当だとは思っちゃいない」とか、「嘘でも良くできた話」とか、受け入れている人たちはいますが、私としては「ネタかも」と思って読んだらすごくしらけました(失笑)。ただ、出版社の担当者は本人に会ったと言っているらしいし、すべてはネットの情報のみなのでまったく真偽のほどはわかりません。この謎っぽさもまたこの本の魅力といえば魅力なのかも。

で、そういう余計な情報は別としてこの本の感想はといえば、「結構良かった(゚∀゚ )」という感じです。クライマックスは本当に私も泣きそうになりました。マックで「電車男」読んで泣きそうな独身女(通称:毒女)・・・。絵になりません(笑)。

電車男については、いい人で頑張ってる様子なんかはよかったのですが、最後までオタクっぷりが消えないのがちょっと残念だった。アニメとか、同人誌とか、お洒落な洋服着る前にそれ辞めなよ・・・って思った。でも、一人暮らしするために貯金をしてたところなんかは好感度高かったかな。相手の女性に対しても、純粋で惚れてる分、まっすぐなのが今ドキ新鮮なのかも。

相手のエルメスは本当にいい娘という感じ。出来すぎ感もあったけど、意外とあんな雰囲気の素敵な女性っているものです。思いやりある言動は勉強になりました

あと、2ちゃんのやりとりってやっぱ面白いですね。この本のほとんどは2ちゃん住人の書き込みで構成されてるわけですから、ストーリーの軸は電車男であっても、肉は全部彼らによるもの。マジレスで感動するものもあったけど、駄レスも、AA(アスキーアート)も、日本にはこんなに面白い人がたくさんいるの?!って思っちゃう。

最後に、感動の告白のシーンですが、私はものすごく共感した。
最初の電話のシーンと同じくらい共感いたしましたよ。
ドリカムの
「♪ねぇ、どうして~すごくすごく好きなこと~ただ伝えたいだけなのに
ルルルル~涙が出ちゃうんだろうぅ~」
・・・ですな。
私ももらい泣きです

著作権問題については批判が多々寄せられているようですが、とりあえず本にしてくれて、私はありがとうという感じです。だって楽しかったもん。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 -